ガラス瓶の底にあるギザギザの役割・理由は傷防止

皆の家庭にも絶対にあるあれに隠された初耳学。ジャムやジュース、ふりかけなどに使われる保存に適したガラスの容器『瓶』

まずは瓶を観察すると、確かになんで付いているのと疑問に思うある部分について出題。

ほとんどの瓶の底にはギザギザがある。さりげなく施されているギザギザ。実はこれがあるから瓶は我々の生活に欠かせない容器になっている。

瓶の底にあるギザギザの大切な役割とは何なのだろうか。

ガラス瓶の底にギザギザがある理由を今から解説するが、実はガラスにとって厄介なのは製造工程で付く細かな傷なのだが、このギザギザがガラス瓶を傷から守っているのである。

その秘密を探るべく日本精工硝子株式会社で製造工程を見学。

かたどられた瓶はオートマチックにベルトコンベアで運ばれるのだが、1500度の高温で変形させたガラス瓶はまだ柔らかくて脆い為、運ばれる時の小さな振動で、底の部分に傷が付いてしまう。

そして、この時の傷が原因で出荷されたガラス瓶は破損し易くなってしまうのである。

瓶は割れてしまっては価値がない。という事で開発されたのがギザギザ加工。これを瓶の底に施す事で、接触傷がギザギザの先端だけに集中。その結果、容器が傷つかず強度を保つ事が出来る。

ギザギザの役割はガラス瓶の破損を防止する事で、この加工はナーリングと呼ばれている。このナーリングを施すだけでガラス瓶の強度は約2倍になる。

ちなみにビール瓶に施されているザラザラの表面。こちらも梨地と呼ばれるナーリングの一種で、出荷の際、瓶同士の擦れ合いで生まれる傷の防止効果がある。

鉛筆の形が六角形の理由

鉛筆の形が六角形の理由は転がりにくいだけではない。鉛筆は大体、親指・中指・人差し指の3本で持つ。3点で力をかけるので、3の倍数のものがちょうど力を受け止めやすいのである。

色鉛筆が丸い理由

色鉛筆は丸い。六角形の色鉛筆はあまりない。その理由は上記と異なり塗り方によっては指2本で持ったり、色々な持ち方が想定される。だからこそ六角形でなく、色んな持ち方に対応出来る様に丸いのである。

もう1つ芯の強度の問題もある。色鉛筆の芯は鉛筆と異なり力のかかり方が違うと簡単に折れてしまう。だからこそどこからでも均等に力の加わる丸い形をしている。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ