女性が最も老けて見える時間は水曜日午後3時30分

最近、女性のお肌に関する衝撃の調査データが発表され、インターネットを中心に話題となっている。それは2013年にイギリスの化粧品メーカー、サントロペが働く女性2000人を対象に行ったマーケティング調査のデータであるが、驚きの結論が導き出された。

女性が最も老けて見える時間は水曜日の午後3時30分である。

何故ここまでピンポイントな時間なのかと言えば、そこにはいくつかの生活習慣が絡んでいる。

水曜日の午後3時30分に女性が最も老けて見えるのは実は働く女性がやりがちな3つの行動の悪影響が集中する時間だからで、1つでも改善する事で老けて見える事を防げる。

女性が最も老けて見えるのは水曜日の午後3時30分、イギリスの化粧品メーカーが結論づけたこの時間は2000人の女性の生活習慣とそれに影響する肌の状態から割り出したもの。つまり、ついついやってしまう行動のしわ寄せが水曜の午後3時30分に集中するのである。

原因の1つ目。それは仕事のストレス。働く女性の3分の2が水曜日の午後に最もストレスを感じると答え、それが肌に影響すると書かれている。実際に街の働く女性に聞いてみると、一週間の真ん中である水曜の午後は月曜からの仕事の疲れが出始め、週末までもまだ遠い。よってストレスが溜まり易いのだという。

更に原因は他にも。水曜に顔が老けて見える理由は実は水曜以前の生活習慣が大きく影響している。発表されたレポートによると2つ目の要因は水曜日の2日前の月曜日の夜の行動。働く女性2000人でのアンケート結果によると月曜の夜が最も眠りづらいと答えた人が非常に多く、その割合は3分の1を超えたそう。実際、働く女性に聞いてみると月曜日の夜に眠れないという人が確かに多かった。楽しい休日から気持ちを切り替え、仕事モードに。その精神的ダメージが女性達の眠りを妨げているという。

そして、レポートにはこう書かれている。そんな睡眠不足による肌への影響は48時間及び続けると。つまり、月曜の睡眠不足のストレスが水曜日の午後までお肌に影響しているという。

更に、女性が水曜日に老けて見える3つ目の理由は週末までさかのぼる。週末の土曜。お酒でも飲んで日頃のストレスを発散したいと思う人も多いはず。このレポートでも働く女性の約半数が週末にお酒を楽しむと書かれている。そう、この週末の飲酒が水曜日に女性が最も老けて見える原因だというのである。

レポートによると体がアルコールを分解するには時間を要してしまい、週末の飲酒の影響が実際に肌に現れるのは72時間後。つまり水曜日の午後の可能性が高いという。

というワケでは、これら3つの要素を照らし合わせてみると肌への悪影響がもっとも重なっている時間が水曜日の午後3時30分。つまり、この時間こそが肌のコンディションが最も悪い時間=最も老けて見える時間という発表だった。

水曜日の午後に大事な商談がある場合は週末から生活習慣をただす事を心掛けたい。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ