アジ 大分県産と三重県産 海流で味が全然違う

日本全国で獲れる大衆魚アジ。その大衆魚も地域によって脂のノリ・大きさが異なっている。

特に差が分かり易い2つの県で比較。一方は大分県近海で獲れたアジ。もう一方は三重県の近海で獲れたアジ。産地の違う2つのアジ。どちらが何県産で何故味に違いが出るのか、地理の知識を踏まえて回答する。

大分県近海で獲れるアジは身が引き締まっているのが特徴。一方、三重県近海で獲れるアジは脂がのっている。

その味の違いの理由は潮流の速さ。

大分県でアジが獲れるのは瀬戸内海と太平洋がぶつかる潮流が速い海域。この速い潮流に逆らって泳ぐアジは筋肉質になる為、身が引き締まって歯ごたえがある。刺身やマリネにすると、その食感を楽しめるという。

一方、三重県で獲れるアジは太平洋の穏やかな潮流の所に生息している。ゆったりと泳いでいる為、脂がのっている。脂がのっている程、焼くと旨味が出る為、塩焼きにするのがオススメである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ