新幹線を車両の異常をチェック・検査する線路

東海道新幹線が2015年7月に導入した画期的なシステムに関する問題。

新幹線と言えば高い技術から世界屈指の安全性を持つ事で知られているが、そんな新幹線の安全を裏で支えているのが黄色い新幹線。その名もドクターイエロー

滅多にお目にかかれない事から人気が高く、最近ではドクターイエローに乗車出来るツアーまで組まれているこの車両。実は走行しながら線路の歪みや架線の状態を検測しながら走行する検査専用の車両である。

もし、線路・架線の異常を検知するとそのデータは即刻指令所に転送され、早期に修繕が開始されるシステムになっているという。

そんな日々、安全を守るドクターイエローに加え、2015年7月にJR東海は新幹線をより安全にする画期的なシステムを導入。技術開発部の人の話によると「非常に東海道新幹線の安全が高まる世界初のシステム」になっているという。

ここで出題。

線路をチェックするドクターイエローとは逆に車両をチェックする線路がある

ドクターイエローが走りながら線路・架線の状態を検査しているのに対し、走っている新幹線を検査する線路があるとは一体どういう事なのだろうか。

新幹線の車両の異常をチェックする線路。その線路を車両が通過すれば、一瞬でチェックが出来る。ポイントは通過する時に計測する車輪の温度。

その装置は神奈川県はある鉄橋の新幹線の通る線路上に設置されているという。

2015-09-01_152335

そのシステムがこちら。線路脇に設置されたこの装置。これまで2日に1回人の目によって確認していた車両のある部分をこの装置なら新幹線が通過するたびにチェックする事が出来るという。その名も『新幹線台車温度検知装置』。

新幹線が高速で走るその一瞬で新幹線の重要な足回りの部品の温度を測定する。最新の安全管理システムとは新幹線が通過する時に車輪や車軸の温度を計測するというもの。

事故防止の為にもっとも注意しなければならないのは、車輪や車軸などが振動・摩擦などによって熱を帯びてしまい、変形してしまう事。そこで変形を未然に防ぐ為に開発されたのがこの装置。

新幹線が通過した時に、もし基準値以上の温度を検知すると、そのでーたはすぐに安全管理の部署に転送され、車輪の状態が悪化する前に整備する事が可能になったのである。

装置のおかげで異常を早期発見する事が可能になり、新幹線の安全が更に高められたというワケである。

新幹線の座席が2人掛けと3人掛けの理由

新幹線は2人掛けと3人掛けが用意されているが、その理由はこの様に配置しておけば、色んな組み合わせに対応出来るからである。

2人なら2人、3人なら3人、4人なら2人掛けを2つ使えば良い。5人なら2人掛けと3人掛けの一列。6人なら3人掛けを2つ使えば良い。といった感じであらゆる人数に対応出来ていると言われている。

但し、これは新幹線の車両に合わせて座席を設置したらこの様になった為、この理由は後付けで出来たとも言われている。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ