シリアルの意外な事実!コーンフレークの袋に光を当てると透ける

食べても太らない砂糖ゼロのロースイーツ・ケーキ 驚きの調理法・作り方

食べても太らないスイーツというまさに夢のようなスイーツがある事を知っているだろうか。

通常ケーキ1ホールには砂糖約200gが使用されているが、食べても太らないというケーキに使われている砂糖はなんと0g。

砂糖ゼロのケーキなんて美味しいのだろうかという疑問もあるが、普通に濃厚で甘さもあり、すごく美味しい。

実はこのケーキ。今注目のロースイーツといわれるケーキ。このロースイーツ、一見普通のケーキに見えるが、スイーツなのにデトックス効果が期待出来、美味しくて太らないと今女性に大人気のスイーツなのである。

ロースイーツとは生のスイーツという意味。普通のケーキはオーブンで焼き上げるが、ロースイーツは食材を加熱せず、48度以下で調理するのが特徴。低温で調理する事で、食材に含まれるビタミン・ミネラル・酵素を壊す事なく摂取出来る。

消化が良い為、代謝の良い体作りをサポートしてくれて、余分なものを溜めこまない、美ボディへと導いてくれる。

更に違うのが使う食材。普通のスイーツは小麦粉・砂糖・卵・乳製品をふんだんに使うが、ロースイーツには一切使わない。代わりにココナッツネクターやメープルシロップなどで甘味とコクを出す。

そんな低温で食べられる健康食はロースイーツ以外にもある。

それがローシリアル。ロースイーツ同様低温で作られたローシリアル。牛乳をかければ、酵素や栄養素を消失せずに食べられる簡単な健康食である。

シリアルの意外な事実 包装した袋は光を当てると中身が透ける!

そんなシリアルに関する出題。

シリアルと言えばコーンフレークが有名だが、コーンフレークの袋に光を当てると中身が透けて見える。

このような包装する袋は安くて軽く作れる事が大事で、この袋の名称はアルミ蒸着フィルムである。

これは真空状態で透明なフィルムに熱したアルミを吹き付けコーティングしている。だからアルミ箔よりうんと軽くて、しかも使用するアルミの量も少ない。

では何故このような袋に入れているかと言えば、その理由は商品劣化を防ぐ為であり、このフィルムであれば日光や空気を通しにくくなるのである。

なので、アルミ箔であれば光は通さないが、アルミ蒸着フィルムは分子間に隙間があるので、光は通るのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ