金魚が日本の水道水の安全を守っている 水道局の水質・毒を検査

落語家・三遊亭円楽から金魚に関する問題の出題。

金魚と言えば元々、中国で生まれたもので、お金が余ると書いて「金余(キンユー)」。中国では発音が似ている為、非常に縁起が良いものとされていた。

金魚が日本にやって来たのは室町時代(1500年頃)。当時は貴族や一部の富豪だけが楽しめる贅沢品だった。現在では夏の風物詩として親しまれている金魚だが、最近ではこんな金魚が話題になっている。

2015-08-10_142732

桶を優雅に泳ぐこの金魚はなんと「絵」。アクリルの樹脂にヒレやウロコなど、金魚のパーツを描き、それを何層にも重ねて作るこの作品。まるで本物の様な立体感がある。

更に美しく幻想的に泳ぐ金魚の芸術展が人気を集めるなど、世の中への金魚への関心が高い事を物語っている。

そんな日本人が大好きな金魚からの問題。

実は金魚がいなくなると私達の生活に大きな支障が出る。今も昔も私達を楽しませてくれる金魚だが、実は、水道水を守っている。

私達の生活で一番大事な水道水を金魚が守っているとは一体どういう事なのだろうか。

これは生物を用いて毒性などを調査する方法であるバイオアッセイに関わる。

要するに浄水場で綺麗な水を送ろうとする。当然毒なんか入ってちゃいけない。ところが一個一個検知していくと何の毒なのかが分からないと調べるのが難しい。

一応、色々な事をやって、最後に金魚のいる水槽を通す。もしそこで金魚に何かが起きれば水に異物が混ざっているという事になるが、金魚が無事に生活出来るという事は、その水は人間が飲んでも大丈夫な水という事になる。

その生態状況を見て、人間が飲んでいいかどうかをチェックする。このような生物の力を借りた監視システムというのが発達している。

金魚を使った水質管理は、実は1995年のオウム真理教が起こした地下鉄サリン事件をきっかけに全国に急速に広まって行った。

銀魚(ギンギョ)がもいた

赤くて派手な奴が金魚だが、白くて地味な魚である銀魚(ギンギョ)というお魚もいる。

しかし、金魚ばかり売れるので、金魚だけが残ったのである。

貝の仲間にもキンギョガイ・ギンギョガイがいる

2015-08-10_143729

貝の仲間にもキンギョガイ、ギンギョガイがいる。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ