ゆずの名曲「夏色」本当は「冬色」歌詞が間違っている

千原ジュニアからの出題。

ゆずの名曲「夏色」。本当は「冬色」である。

ゆずの名曲の「夏色」は、夏がテーマのはずなのに、その歌詞に冬を象徴する光景が記されているのである。

その歌詞が「大きな5時半の夕やけ 子どもの頃と同じように」という部分。

普通に考えてみれば分かるが、真夏の5時半はまだまだ全然明るく、夕焼けなんて到底見えてこないのである。

これはどういう事かと言えば、ゆずの二人はこの曲を冬に作っていた。

その為に歌詞にある「夕やけ」の時間が「五時半」になってしまったのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ