汁がこぼれるのにゼリーがなみなみに入っている理由

スイーツに関するイライラ。

このイライラには特に多くの人が共感し98%の人がイラついている。

そのイライラとはゼリーについてのもの。

ゼリーでこんな経験はないだろうか。食べようとフタを開けた瞬間、なみなみに入ったゼリーから汁がこぼれてイラっとしてしまう。

ベタベタするゼリーの汁がこぼれるにも関わらず、なみなみといっぱいゼリーが詰まっている理由はなんなのだろうか。

結局、こぼれるという事は目一杯入っているという事で、目一杯入っているという事は空気が入っていない。つまり密封状態がより厳密になっていると言える。

なので、食品の品質を保持する為に目一杯ゼリーを入れているのである。

ゼリーがなみなみ入っているのにはもう1つ理由がある。

ゼリーに隙間を作ってしまい、空気を残してしまうと、運送中に振動でゼリーが崩れてしまう。

工場での運搬やお店への配送時、ゼリーがなみなみでなく、空気が入っていると移動中にゼリーが崩れてしまい、開けた時にぐちゃぐちゃになってしまう。こんな事になっていると汁がこぼれるよりもっとイライラしてしまう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ