和食・日本人だけが箸を横向きに置く理由

料理研究家・土井善晴から和食の中でもお箸の出題。

和食とは切っても切り離せない存在である。その歴史は古く、約1400年前から使われているとも言われている。

日本に箸を広めた人は誰もが知っている超有名人であるが、それは聖徳太子。聖徳太子が中国に使節団を送ったとされる600年代初頭、その時に使節団が見たのが中国の王朝の人々が箸を使って食事をしている光景。それに驚いた聖徳太子が以後、中国から招いた使節に合わせる為に箸を使った作法を朝廷の人に習わせたのがはじめと言われている。

その当時は箸だけでなく、中国と同じようにレンゲ、サジというものと併用という形で伝わって来た。しかし、その後、匙で食べる和食はなくなってしまって箸一つに食べられる様になった。

中国から伝来した橋は1400年の時を経て、日本独自の発展を遂げ、今や世界に誇る工芸品になっている。

さて、ここからが問題。

中国や韓国といったお箸を使う国は色々あるが、その中でも日本だけがお箸を横に置く。箸のない他の国でもナイフとフォークでも縦向きに置く。韓国・中国でも箸は縦に置く。

中華料理や韓国料理では箸が縦向きに置かれるのに対して、和食では必ず横向きに置かれている。これは尖った箸の先を相手に向けるのはマナー違反。という理由以外に日本人の食に対するある思いが込められている。

日本では必ず箸を横に置く理由を今から解説するが、簡単に言うと、横向きの橋は境目である。

和食だけ箸を横向きに置く。そこには自然を尊ぶ和食の精神が込められている。

古くより日本人は生きる為の食べ物を自然の偉大な力、神様によってもたらされる神聖なものと捉えていた。それゆえ、神様からいただいた神聖なものは決して手では口に運ばず、箸で口に運んでいたとされる。

そして、和食だけ箸を横に向けて置く理由は箸を横向きに置いて、一つの境にして穢れた人間界と、神聖な神様の世界に一線を置く結界という役割を果たしていたのである。

そう、箸を横向きに置く理由は神聖な自然の世界と人間界との間に結界を作る為。

だからこそ日本人は「いただきます。」という言葉ではじめて箸を手に取って結界を解き、神聖な食べ物を口に運ぶのである。

割り箸のルーツはウナギ

割り箸を広めたのは実はうなぎ屋である。江戸庶民は実は物凄く綺麗好き。そこで、お客さんをどうやって集めるかといった時に「使い捨ての箸にしよう」と考えた。

他にもうなぎ屋が凄い人気で、洗っている暇がなくて捨てられる物を採用したという説もある。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ