上空15000mよりも上空30000mは気温が高い

実は東京スカイツリーの頂上付近の610mに温度計が設置されているが、地上よりも5度低い。

高い所に行けば行くほど気温は低くなる。これは常識。

富士山頂が-15度の時、飛行機・航空機が飛び上空10000mの気温はなんと-50度超え。

高い所にいくほど、地面の熱が届かず、気圧なども関係して気温が低くなっていく。

そんな気温にまつわる問題。

上空15000mよりも上空30000mは気温が高い。

上空30000mの方が気温が高い事は今から解説。実際に温度計を打ち上げ計測。暖かい理由はオゾン層にあったのである。

本当に上空15000mより上空30000mは気温が高いのか検証。

実際に温度計を上空に上げて計測してみる事に。気象観測用のバルーンにヘリウムガスを入れ、バルーンの下に温度計を設置。

この日、地上の気温は15.6度。上空15000mと上空30000mではどれほど変わるのだろうか。

実際に高度15000m地点にきて、その時の温度は-46度。そして、上空30000mに到達した時の温度は-39.2度となり、やはり気温は高かった。

では、本題の何故上空30000mの気温の方が高いのだろうか。

実は30000m上空は成層圏と呼ばれ、オゾンが最も多い場所であり、これが気温を高めている要因。このオゾンと太陽光に含まれる紫外線が反応して熱を発している為に、オゾン層の多い上空30000mの気温が高くなるのである。

ちなみに上空50000mまでいくと気温が0度にまでなる事がある。上空50000mはオゾンが存在する最も高い場所。紫外線の影響を一番受ける為、気温が高くなる。

ここを超え、更に上空に行くと宇宙に向け気温は下がっていく。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ