ゆるキャラの可愛さと法隆寺の美しさには共通点・同じ法則がある

ゆるキャラグランプリ2014年第1位のぐんまちゃん。茨城県非公式ゆるキャラねば~る君。カープ女子にも人気の広島県のゆるキャラコイっしー。そして法隆寺

ここまで紹介したご当地キャラクターの可愛さと法隆寺の美しさには同じ法則がある。

その法則とは「白銀比」。白銀比とは1:√2(1.4142…)の事を白銀比と言って正方形の一辺の長さと対角線の長さと同じ比率になっている事を指す。

法隆寺の場合だと上の層の屋根の長さと下の屋根の長さがこの白銀比となっている。

後は曲尺という昔の物差しであれば、表が1になっていると裏が1.41倍くらいで刻まれている。

つまり1:1.4にすると美しくなるという感覚は元々日本人にあったのである。

ちなみに白銀比は大和比と言われる程、日本人に愛されている。

そしてゆるキャラ達は顔の大きさや全体の大きさが白銀比になっている。更に郵便ポストも白銀比、A4のオートも白銀比である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ