激ウマ!美味しいのに食べたらお腹を壊す魚 インガンダルマ

さかなクンからの出題。

日本にはとっても美味しいのになかなか流通しない魚がある。

例えば、トゲカジカ。またの名をナベコワシ。何故このような名前かと言えば、その理由はトゲカジカは鍋料理にするととても美味しいので、鍋を壊す勢いで食べてしまうという事からその名が付いた。

ここであらゆる魚の味を知るさかなクンから美味しいけどちょっと嫌なお魚に関する出題。

とっても美味しいのに食べるとお腹を壊す魚がいる。

この魚は沖縄県の南大東島でよく捕れる。

東京から那覇を経由し、移動する事約2000キロ。南国・沖縄県は南大東島に番組は赴いた。この島にいるとっても美味しいのに食べるとお腹を壊す魚とは何なのか。

美味しい魚を目指して漁へ出港。しかし地元で食べられている魚なのに何故、わざわざ漁に出たのか。

それは漁へ出る前に島民からこんな情報を聞いていたから。

それはインガンダルマという魚で、スーパーとかで売ってはいけない魚だという。つまり漁に出ないと手に入らない魚なのである。何故販売していないかと言えば、食品衛生法にひっかかる魚なのである。しかし、この島の人だけは隠れて食べている。ちなみに販売が禁止なだけで食べるのが禁止になっているワケではないので、違法行為をしているワケではない。

インガンダルマに関する情報をまとめらば販売禁止だが食べても法律違反ではなく、地元では自己責任で食べられているという事。

ナワキリという魚の漁をしながら、その餌であるナワキリに集まるインガンダルマを釣り上げるという作戦で見事インガンダルマをゲット。

2015-08-04_033741

この魚こそがお腹を壊す魚インガンダルマ。このインガンダルマの正式名はバラムツという。実は体に並ぶウロコよく見るとバラのトゲのようなトゲトゲが沢山付いている。その為、この名前が付けられた。

2015-08-04_033756

いよいよ緊張の試食。漁師の知り合いの店で刺身に捌いてもらった。漁師からは3切れだけにしとくよう注意を受けた。実はそれには恐ろしい理由があった。

その理由はインガンダルマには人間の胃では消化しきれないワックスエステルという脂がある為、その脂が知らぬ間に下から垂れ流されてしまうから。

では、販売禁止・自己責任・最高に美味しいと言われるインガンダルマ一体どんな味なのだろうか。ちょっと醤油を付けただけでも醤油に油分が浮くほどに脂が多い。そして味は非常に濃厚でフワフワでやはり噂に違わぬ最高の味。

そんな感動するほど美味しいインガンダルマ。名前の由来はと言えばイガタルム(胃がたるむ)からこのような名前が付いたとされる。

コハダは武士が昔食べなかった魚

コハダという魚は武士が昔食べなかった魚である。

その理由はコハダは大きくなるとコノシロという魚になるから、コノシロ(この城)を食べるなんて武士としては許されない事だから。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ