究極の2択 科学で美味しさ決着part3

料理のどちらが美味しいのか、これらは科学的に白黒つけられる。

それを可能にするのが文科省のプロジェクトで慶応大学研究員が開発。3000万円を費やし完成した味覚センサーレオ

今回はこの味覚センサーを使って、食べ物の永遠のライバルはどちらの方が美味しいのか白黒はっきり付けていく。

焼き鳥 タレvs塩 美味しいのはどっち?

まず、測定するのは焼き鳥。使うのは定番のモモ肉の焼き鳥。

その焼き鳥の味付け、タレと塩ではどちらが美味しいのだろうか。

街の人の声を聞くと塩・タレ人気はほぼ真っ二つ。果たして科学的に相性が良いのはどちらなのだろうか。

美味しさの分析のポイントとなるのは人間の舌が感じる甘味・旨味・塩味・苦味・酸味の5つの要素。その5つを総合的に計測し、100点満点で点数を付ける。

まず、焼き鳥とタレとの相性は95.4点。

続いて焼き鳥と塩の相性は97.9点。

勝敗を分けたポイント・要因は鶏の旨味を引き出すという意味ではタレの甘味も上手く焼き鳥の旨味を引き出してはいるが、それ以上に塩の塩味が鶏肉の旨味を引き出し、焼き鳥の塩はとても相性度が高いという結果になった。

エビフライ タルタルソースvsソール 美味しいのはどっち?

続いてはエビフライ。エビフライで美味しいのはタルタルソースとソースではどちらが美味しいのか。

街の人の声を聞くとタルタルソースが78%と圧倒的に多数派。

まずエビフライとソースの相性は93.2点。

続いてエビフライとタルタルソースの相性は91.1点。

科学的にエビフライに合うのはソース。では、タルタルソースが勝てなかった理由は何なのか。

タルタルソースが負けたポイント・要因は酸味があるので旨味が出るという効果がなかったと考えられる。

ハンバーグ デミグラスソースvs和風ソース 美味しいのはどっち?

続いてはハンバーグ今回測定するのはデミグラスソースと大根おろしを添えた和風ソース。

街の人の声を聞くと若干だけ和風ソースが優勢。

まず人気は上をいくハンバーグに和風ソースの得点は96.1点。

続いてハンバーグにデミグラスソースの得点は98.5点。

科学的にハンバーグはデミグラスソースの方が美味しい。

デミグラスソースが勝ったポイント・要因としてはデミグラスソースの方がソースに含まれている酸味や甘味でより塩味と旨味を引き出す効果があったと考えられる。

あんぱんvsクリームパン 美味しいのはどっち?

続いては定番の菓子パン、あんぱんとクリームパンの対決。

街の人の声ではクリームパンがわずかにリード。

まずあんぱんの得点は88.2点。

続いてクリームパンの得点は91.3点。

クリームパンの勝利となった。

クリームパンが勝ったポイント・要因としてはクリームの甘味はあんこの甘味と違って脂が多く含まれていて、パンの甘味・旨味を上手く引き立てる効果があったと考えられる。

焼き鳥は本来タレで食べるもの

上記では焼き鳥は塩の方が美味しいと出たが、歴史的には焼き鳥は塩よりタレなのである。

1682年の江戸時代に出た合類日曜料理抄といいう本があり、その中に焼き鳥のタレの作り方が記載されており、塩だけだったら串焼き。きちんと醤油・酒とか混ぜたタレに付けて焼くのが焼き鳥だと書かれている。

アンパンマン しょくぱんまんとドキンちゃんは絶対に結ばれない

アンパンマンに出てくるキャラクターしょくぱんまんとドキンちゃんは絶対に結ばれる事がない。ドキンちゃんの恋が実る事はない。

ドキンちゃんは菌なので、パンと菌が仲良く出来るワケがないという理由である。

ちなみに日本語版のWikipedia(ウィキペディア)で一番記載が長い、多いのは、アンパンマンの登場人物である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ