元々フグには毒がない

さかなクンから鉄板の魚に関する問題を出題。

今回はさかなクンが一番好きな魚だというフグがテーマ。

実は元々フグ自体には毒は無い。

フグと言えば強力な毒。その危険度・強さは青酸カリの約1000倍で、自然界に存在する毒の中では最強クラスの猛毒であるが、そんなフグ自体に元々毒はないとはどういう事なのだろうか。

フグ自体には元々毒が無い理由を簡単に言えば、フグは餌の毒が体内に蓄積され、方法によっては無毒のフグを養殖する事も可能である。

フグと言えば、調理するには専用の免許が必要なほど強力な毒の持ち主である事は常識中の常識。なのに元々毒が無いとはどういう事なのだろうか。

実はフグの毒の成分であるテトロドトキシンはフグ自身が作り出しているものではなく、フグの毒は毒を持つ他の生き物を食べる事によって蓄積されるのである。

フグの毒は主な餌であるヒトデや巻貝に微量な毒が含まれていて、その毒を体内に溜め続けていたもの。

フグが毒を持つようになったのはフグの仲間は魚の中でも特に泳ぎが上手ではないので、毒でも持っていないと身を守れない。

そう、フグは自分の身を守る為、毒を持つ様に進化していったと考えられる。

という事は産まれた頃から毒のない餌だけ与えていれば、つまり養殖されたフグには毒はないのである。

養殖のフグには本当に毒がないのか、熊本県・天草市にあるフグの養殖場を調査。

ちゃんとした人間の管理で毒が入っていない養殖専用の餌をやっているので養殖のフグには全く毒はないという。毒を持っているヒトデや貝などを食べない様に環境を整え、きちんと無毒の餌を与え続ければ洋食のフグは毒を持たずに育つ。

長崎大学の養殖フグの研究論文でも養殖フグ5000匹を検査した結果、筋肉や皮だけでなく肝臓も全くの毒がなかったという事を発表している。

現在、厚生労働省に働きかけ、養殖フグの肝が誰でも自由に食べられる日の実現へ向けて動いている。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ