スペイン・バルセロナには賃貸で住める世界遺産カサ・ミラがある

俳優の城田優が世界遺産に関する問題を出題する。

スペインはバルセロナには格安賃貸で住める世界遺産がある。

賃貸で住める世界遺産の秘密を簡単に説明するとその建物はあの建築家アントニオ・ガウディの作品で、広さは約300平方メートル。そして、日本でいう銀座の一等地なので家賃は驚きの安さ。

アントニオ・ガウディの作った建物と言えば2005年に世界遺産登録された世界で最も有名な教会であるサグラダファミリア。一歩中に入ると、中の大聖堂はほぼ完成。一方、外装は1882年に着工したもののまだ工事中。完成予定は2026年である。133年前、富裕層からお金を集め、作り始めたサグラダファミリア。現在も寄付金と入場料のみで工事は進められている。

完成した暁には聖書の一説が様々な言語で刻まれている扉が見られる。その中には日本語でも書かれたメッセージがあるが、この日本語のメッセージは「スラムダンク」や「バガボンド」の著者である漫画家・井上雄彦が書いた。

では、世界中の人を魅了する世界的天才建築家アントニオ・ガウディが造った賃貸で住める世界遺産とは何なのだろうか。

それは「カサ・ミラ」。旅行雑誌を見れば必ず掲載されているサグラダファミリアと同じくらい有名な世界遺産である。

2015-07-30_203451

実はここ、世界中から多くの観光客がやって来るバルセロナの人気観光スポットだが、本当にベランダを見ると住人らしき人の姿が確認出来る。

カサ・ミラの学芸員の人に話を聞くと、現在は4世帯がここに住んでいるという。ここは確かに世界遺産だが、元々はガウディが1910年に居住用に造ったアパートである。

ちなみに入口は1つで住人は観光客と同じ入口から居住者用の玄関を通って中に入る。

ガウディが造った賃貸用アパートとはどんなモノなのか、今回は特別に内部を公開。

2015-07-30_204727

家族憩いの場リビングも美し、ドアノブ一つとってもさすがガウディと思わせるデザイン。キッチンも素敵でユニットバスも広々。お手伝いさんの部屋まで完備。

一世帯辺りの広さは300平米。だが、当時はあまりに奇抜な外観が不評でなかなか借り手が見つからなかったという。

気になる世界遺産の家賃はというとずっと昔から変わらっていない。カサ・ミラがあるのはバルセロナの屈指の高級地「グラシア通り」。日本でいう銀座。この辺りの広さ170平米の平均家賃相場約50万円。一方カサ・ミラはと言えば約15万円。

しかし、現在空き部屋はないので、住みたい人は気長に待つしかない。

という事でスペインには格安賃貸で住める世界遺産が本当にあった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ