恐怖!家のアイロンから個人情報流出

2015年6月に発覚した125万件分の年金個人情報の流出。実は今、個人情報の流出は企業や団体に限った話ではなく、知らないうちにあなたも自分で自分の個人情報を流出させてしまっている可能性がある。

我々が普通に生活している上でとても身近なある製品から個人情報が盗まれる事件が起きた。

この個人情報が盗まれた原因はアイロン。

アイロンから個人情報が流出とは一体どういう事なのだろうか。

中国からロシアに輸出されたアイロンの中にチップが仕組まれていた。それがいわゆるWi-Fiに反応して、Wi-Fiを介してパソコンに侵入してウイルスをまき散らしてしまう。

もうこれはアイロンの電源を入れたらアウトである。

Wi-Fiがあるからインターネットが出来ると利用するが、あれが利用出来るという事は電波が飛ぶものは全てパソコンに入る可能性があり、そこで悪意を持ってそういうものを飛ばされたら終わりである。

スマホ&スマート家電で個人情報が流出 強盗の危険も

更に、個人情報を流出させてしまうのはWi-Fiだけではない。あなたが手にしているスマホも超危ない。ちょっとした操作が原因で恐ろしい犯罪に巻き込まれる可能性もある。

そう警告するのはセキュリティソフト会社トレンドマイクロの社員。スマートフォンに感染するのは不正アプリ、パソコンで言うウイルスだが、400万種類以上この会社では確認されている。

そう、便利なスマホも使っているうちにウイルスに感染してしまえば、パソコンと同様に個人情報流出の危険がある。

更に危ないのが最近のスマホのある使い方。それがスマート家電

スマート家電とは最近の家庭用電化製品の中でもスマホを使って家電を遠隔操作出来る家電のこと。現在の家電は家中のリモコンをスマホ1つにまとめる事が出来るほどに進化を遂げているが、ウイルスに感染した事を知らぬままスマート家電を使うとあなたを思わぬ危険に導く可能性がある。

例えばテレビに関して言えば朝起きてテレビをつけて、出社する時にはテレビを消す。帰ってきたらまたテレビをつける。この情報がサイバー犯罪者に知られてしまうと帰宅する前の時間を狙って泥棒に入られてしまう。

無防備にスマホを使ってしまうと、生活リズムが筒抜けになり、強盗などの犯罪行為に遭遇しかねない。

そんな危険を回避する為にはセキュリティソフトを導入してガードをするのが有効である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ