飛行機・航空機の液体持ち込みどこまでOK?

いよいよ夏休み。この夏、海外に旅行する人も多いだろう。

ところで、海外旅行で飛行機に乗る際に忘れがちなのがペットボトル飲料。ちょっとしか飲んでいないのにペットボトル飲料を没収されてしまった人は多いだろう。

これは一体何故なのだろう。

現在、国際線を利用する際は、テロ対策の一環で液体物の持ち込みは厳重にチェックされており、飲み物や化粧水などの液体物を持ち込む為には100ml以下の容器に入れ、1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック製袋に入れなければならないという決まりがある。

しかし、ペットボトルなど明らかな液体は注意出来るが、中には液体なのか固体なのか、区別しづらいものも持ち込み禁止になっている。

では、どこまでが液体物なのだろうか。実は、そのものの含まれる水分量によって、持ち込みOKなものと持ち込み禁止なものに分かれている。

例えばプリン。一見液体物ではないが、持ち込みは禁止。器の底に入った液体のカラメルソース。これが原因で没収される。

いかの塩辛 爆発物が作れる恐れアリ

いかの塩辛は持ち込み禁止。そもそも飛行機に持ち込んで良い液体は100ml以内。この100mlという数値には飛行機を安全に運行する為の明確な理由がある。

それは液体に関してはペットボトルくらいの量で爆発物が作れる可能性があるという点が重要で、100ml以内の液体では爆発物は作れないが、それ以上だと作れる可能性が出てきてしまうのである。

わずか100mlの液体化学品があれば、飛行機を爆破出来る強力な爆発物が作れるという観点から持ち込んで良い液体物は100ml以内に規制されているのである。

いかの塩辛の場合、液体の含有量が多く、液体化学品が混ぜられていると危険な為、持ち込みが禁止となる。ちなみに瓶詰めイクラは液体量が少ない為、持ち込みOKである。

乗客の安全を守る為のこの線引きであるが、機内への持ち込みに関しては国土交通省航空局のホームページに明記されている。

シュークリームは持ち込める

シュークリームは液体の含有量が少ないので持ち込みOK。

バター 常温で溶けるからNG

バターは持ち込み禁止。ポイントは常温でも溶けてしまうので液体物扱いとなる。常温で溶けないチーズは持ち込みOKとなる。

生卵 殻に細工が出来ないからOK

生卵は持ち込みOK。殻の中身は液体であるが、生卵に何か細工をしようと思っても必ず跡が残り、「爆発物の製造は不可」と判断されるので、機内に持ち込みがOKという判断になる。

ちなみに、手荷物検査場の先にある売店で購入したものに関しては持ち込む事が可能。液体物と思われるお土産は検査後に購入した方が良い。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ