名作アニメ・フランダースの犬の意外過ぎる真実

俳優・城田優が誰もが知っている名作アニメ『フランダースの犬』から出題。

号泣してしまうアニメ第1位に輝く『フランダースの犬』。感動的なのは何と言ってもラストシーン。

絵画コンクールに落選し、放火犯にも間違われた主人公のネロは夢にまでみたルーベンスの絵を見る。すると、天使が舞い降りて、パトラッシュと共にネロは天国へと旅立つ。

このフランダースの犬はベルギーをアントワープという地方が舞台。アントワープはベルギー第二の都市。街中に中世ヨーロッパの雰囲気が漂い、歴史を刻む美しい街並みが特徴的。フランダースの犬のラストシーンにも描かれているノートルダム大聖堂も実在しており、世界遺産に登録されている。まさにアニメの世界に誘ってくれるようなこの街。

そんなアニメのフランダースの犬の舞台アントワープは日本人が行くとすごく残念な所である。

フランダースの犬の舞台に日本人が行くと残念な気分になってしまう理由は違和感だらけのネロとパトラッシュの絵。更にベルギーなのに街中が日本語で書かれた便乗商品だらけなのである。

地元の人にフランダースの犬の事を聞いてみると全然知らない。つまり、日本では知らない人がいない程有名なフランダースの犬はベルギーでは全く有名じゃない。

ベルギーが舞台のフランダースの犬は実はイギリスで生まれた児童文学。女性作家ウィーダが書いた19世紀のイギリス作品なのだが、ベルギーの公用語の1つ、オランダ語に翻訳されたのは最近の事。だから現地の人にはほとんど知られていない。

更に、この街を歩くと沢山の残念な事に遭遇。

まずはノートルダム大聖堂の中。ネロが見て感動したルーベンスの絵。その圧倒的な迫力にあのラストシーンが重なり、フランダースの犬ファンならずとも感動する。

2015-07-16_002043

しかし、ふと後ろに目をやると、ベルギーに来ているはずなのに日本語で『パトラッシュはねロのたった1人の友達でした。』と書かれている。しかもアニメの感じとは全然違う。

更に、大聖堂の目の前にもフランダースの犬の石碑があるのだが、こちらもやはり日本語表記。

しかし、何故こんなにも残念な仕上がりになったのか観光局の人に聞くと、30年程前からフランダースの犬の事をたずねる日本人がこの街に増えた。調べるとフランダースの犬が日本でとても有名な作品である事を知り、地元民にそれに応える為に記念碑等を建てたのだという。しかし、日本のアニメは見ていないので、何となく想像で作ってしまったのだとか。

これらは地元の人が日本のアニメを見ずにイメージだけで日本の為に作ったのである。今では現地に年間6万人もの日本人観光客が訪れる為、観光局だけでなく、街全体がそれに便乗している。

例えばカフェの名前はパトラッシュ。ネロとパトラッシュの名前のビールにワイン。ネロパンという名前の普通のパン。他にも便乗して名前を付けている所がいっぱい。ちなみにお土産屋のイチオシは日本語で『ネロとパトラッシュ』と書かれたチョコレート。

というワケでフランダースの犬の舞台アントワープは日本人には残念な街だった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ