ストレッチ間違いだらけの常識

ランニング前の準備運動についての出題。

2007年にシドニー大学から発表された研究によると、怪我の予防の為、運動前に行うストレッチは意味が無いという。

要はストレッチには2種類あり、静的ストレッチと動的ストレッチがある。

静的ストレッチは文字通り止まったまま筋肉を伸ばす行うストレッチ。一方で動かしながら筋肉を伸ばすのが動的ストレッチ。

どちらも可動域を広げたり、血流を良くする作用はあるが、筋肉を伸ばしっぱなしにした所で、これから運動するというのにそこに意味は無い。なので特に怪我の予防にはならない。逆に、筋肉を伸ばす事によって瞬発力を伴う競技に関しては記録が落ちたという論文もある。

大事なのは体温が上がっている事。体温が上がった状態でのストレッチは意味がある。

運動前のストレッチは動的ストレッチがが効果的。逆に静的ストレッチには運動前やお風呂あがりにやると効果がある。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ